初めての不動産投資でも安心!一棟売りアパートなら利益に繋げやすい

メンズ
メンズ

保証会社の役割とは

不動産を賃貸契約する際には連帯保証人が必要になってきますが、必ずしもすべての人が連帯保証人を用意できるわけではありません。しかし、近年では賃貸保証会社という専門業者があり、そのような会社を介して不動産の賃貸借契約をするケースが増えています。

お金

管理業務は業者に委託

賃貸管理を業者に依頼する事で管理業務を代わりに行ってもらえます。サブリース契約で委託した場合は一定の賃料を管理会社が保証してくれます。そのため管理業務を行う時間が無い兼業のオーナーや、ローンを組んで物件を購入したオーナーに賃貸管理業者は人気があります。

初心者に最適の賃貸物件

アパート

すでに実績のあるアパート

近年は低金利が長期化していることもあって、不動産投資、中でもアパート経営に対する注目が高まっています。そんな中、これまで賃貸経営を経験したことがない人でも、手軽にアパート経営が始められる手段として人気があるのが、一棟売りアパートです。一棟売りアパートとはその名の通り、すでに建築済みのアパートが一棟単位で売り出されている物件です。新築と中古がありますが、経営初心者に特に人気があるのが中古物件です。中古の売りアパートは、新築よりも価格が割安なのが特徴です。さらに注目されるのが、すでにアパートとして運用された実績があるということです。実績ゼロの状態から土地を取得し、アパートを建設するというのはなかなか大変な行為です。しかし一棟売りアパートなら、その建設プロセスを省いてすぐに賃貸経営を始めることができます。

取得してすぐに利益発生

アパート経営に適した用地を確保するには、さまざまな知識が必要です。資産価値はもとより周辺環境、法令上の制限など、経営初心者には見極めが困難な項目についてもチェックを怠ることはできません。しかし中古のアパートならそうした条件は建築時においてすでにクリアされているので、安心して利用することができます。中古の一棟売りアパートにはさらにもう1つ、大きな特徴があります。それは、現在入居中の物件が売りに出されることがあるということです。この場合、新オーナーは現在の入居契約を原則としてそのまま引き継ぎます。つまりオーナーになったその月から、さっそく家賃収入が得られることになるわけです。入居者募集のための広告を出す手間が省けるうえ、取得してすぐに利益が発生することから金利面でも有利となります。

住宅模型

家賃を安定させる手段

最近よく利用されるようになったシステムのひとつに、家賃保証があります。連帯保証人の代理として機能する会社であり、家賃の滞納トラブルを解消する手段として注目を集めています。家賃保証を利用したい人も増えており、ニーズも高くなっています。