初めての不動産投資でも安心!一棟売りアパートなら利益に繋げやすい

積み木
  1. ホーム
  2. 保証会社の役割とは

保証会社の役割とは

メンズ

入居時の連帯保証人

賃貸の不動産に入居をする際には、不動産屋や家主と入居を希望する人との間で賃貸借契約をすることが必須事項となりますが、必ずしも入居希望者が賃貸借契約をしてもらえるとは限りません。なぜならば、賃貸の不動産に入居をする際には入居審査がおこなわれて収入面などが入念にチェックされるからです。また、賃貸の不動産というものは必ず毎月の家賃を入居者が支払う必要があるので万が一、家賃の支払いが滞ってしまったときに備えて親などの親族を連帯保証人として求められることになり、もしも連帯保証人が用意できない場合には入居を断られてしまうケースもあります。しかしながら、近年では日本の家庭は核家族化が進んでいる影響もあり、親などの親族に連帯保証人となってくれるように頼みにくくなっているという背景があり、連帯保証人の代わりとして賃貸保証会社を利用する人が増えています。また、物件によっては入居の際に従来のように連帯保証人ではなく賃貸保証会社を利用することを求められることも珍しくはありません。そのため、近年では家賃保証会社のニーズが非常に高まっています。

保証会社のメリット

連帯保証会社は、賃貸の不動産に入居をしている人が家賃を滞納してしまった場合にその入居者に代わって家賃を支払うのが役割ですが、このような役割は不動産屋や家主などの不動産を貸す側、そして借りる側の双方にメリットがあります。まず、不動産を貸す側の賃貸保証会社を利用するメリットですが、特に大きなのが家賃を確実に得られる点にあります。万が一、入居者が家賃の支払いを滞納したとしてもその代わりに家賃を代位弁済してくれるからです。次に不動産を借りる側の賃貸保証会社を利用するメリットですが、何らかの事情から連帯保証人となってくれる人物がいないという人にとって連帯保証人探しを探さずに済む点が大きな利点となっています。