初めての不動産投資でも安心!一棟売りアパートなら利益に繋げやすい

積み木
  1. ホーム
  2. 管理業務は業者に委託

管理業務は業者に委託

お金

管理の負担がなくなる

賃貸管理をオーナー自らが行う場合は、入退去時の手続きから入居中のサポートまで幅広い業務を行う必要があります。さらに入居者の募集を上手く行わなくては、空室率が高いままになり収益性が落ちてしまいます。賃貸管理業者に管理を委託する事で、入退去時の手続きや入居者に対するサポートなどを全て代わりに行ってくれるだけでなく、入居者の募集も業者が行ってくれます。賃貸管理は専門の知識を持っているため、入居者への対応も上手く行ってくれます。そのため入居者に対する印象も良くなりますし、オーナーへのサポートも行ってくれます。賃貸管理の経験や知識がないオーナーが管理を行うより、専門の業者に任せることでより賃貸経営を円滑に行う事ができます。

安定した収益を獲得

賃貸管理業者に管理業務を委託する時に、サブリース契約を選択すると賃貸管理は全て業者が変わりに行ってくれます。加えて、家賃収入から一定の手数料を業者に支払うのではなく、業者からオーナーに一定の賃料が支払われます。オーナーが一定の賃料を受け取れるという事は、空室による収益の減少がないので、オーナーは安定した収益を得られます。空室のリスクを避けられるのは、賃貸経営をするオーナーにとっては魅力的なので人気が高いです。特にローンを組んでいる場合は、ローンの支払いもあるので固定の収益を得られるという条件は魅力があります。また副業として賃貸経営をしているオーナーは、管理業務を行う時間を確保するのが難しい事もあり、賃貸管理業者は人気があります。