初めての不動産投資でも安心!一棟売りアパートなら利益に繋げやすい

積み木
  1. ホーム
  2. 家賃を安定させる手段

家賃を安定させる手段

住宅模型

不動産経営で気になることは、家賃滞納トラブルです。家賃滞納は一般的に起こり得るトラブルなので、家主も備えておく必要があります。通常は連帯保証人をつけてもらうことが基本ですが、最近は連帯保証人になってくれる人も少なくなり保証が難しくなっています。そのため、家賃保証会社の制度を利用することが増えているのです。家賃保証会社は、トラブル時に家賃を立て替えて代わりに督促をする会社です。家賃保証のサービスは単身者や高齢者の一人暮らしなどに活用されており、多くの人が利用しているサービスです。家賃保証会社の保証料は会社ごとに違いますので、契約内容などを比較した上で家主が決めることができます。家賃が保証されれば、入居してもらえる人も増えます。

家賃保証を行うことによって、家主側だけにメリットがある訳ではありません。入居者にとっても、連帯保証人が準備できなければ収入や貯金が十分にあっても自分の希望する家に入居できないと言う問題がありました。家賃保証会社はきちんと家賃を支払ってさえいれば問題のない会社ですので、利用を考える人も多いのです。連帯保証人を準備するために相手に頼みに行く手間などを考えれば、家賃保証会社を利用した方が良いと考える人も多数います。家主側は入居者の希望によって連帯保証人か保証会社の利用を選んでもらうこともできるので、どちらにしても保証は成り立つことになります。このサービスによって家が借りやすくなっていることは、大きなメリットです。